iPhoneデベロッパーズクックブック

2冊目

iPhone デベロッパーズ クックブック

iPhone デベロッパーズ クックブック


言わずと知れたエリカ本


iPhone開発者でエリカ様を知らない奴はモグリ!」というフレーズが耳にのこってます。
そこまで言われるハックの女王の本。

これも前回のiPhoneSDKプログラミング大全と一緒に購入。
インターフェースビルダーを理解するのに使用しました。

買った理由

・ネットでおすすめされた。
・サンプルコード、画像もダウンロードできる。

個人的位置付け

・中級者本(公開されてないAPIとか使用したり)。
・各UIのレシピ本

感想

・UIの各機能をコードで呼び出すので初心者には取っ付きづらい。
・初心者用の本と一緒に勉強するといいかも


これも、SDK2.0時代のもの+非公開APIを使用しているので、現在だと使えないものもあるかもしれません。

iPhoneSDKプログラミング大全

一冊目はこの本



この本を買ったのは、SDK2.0が出た頃で、自分は
まだiPod touchしか持っていませんでした。


デベロッパー登録にもめんどくさい手順が必要だったり、
混沌としていた時代です。*1
そんな中、環境構築、Objective-cフレームワークなど、一冊で
ある程度の情報がまとまっており、簡単なサンプルコードを打って実機のデバッグを試せるなど
すごくお世話になった本です。

買った理由

・環境構築、言語仕様、フレームワーク、インターフェースビルダーなど基本的な部分をさらっている。
・多少のサンプルコードがあり、デバッグで試すことができる。

個人的位置付け

・初心者入門本(とりあえず書いてある通りにコードを書いて勉強する用)。
・何かを作るタイプの本ではなく、だいたいの機能をさらう、よくある入門系。

感想

・何も分からない状態で始めるのに適している。
・省略されている部分もあり、分かりずらい部分があった。


今ではSDK2.0と、かなり昔の本になってしまいましたが、続編のSDK3.0版もあるようです。*2


iPhone SDK 3 プログラミング大全 実践プログラミング (MacPeople Books)

iPhone SDK 3 プログラミング大全 実践プログラミング (MacPeople Books)

*1:記憶があっていればですが

*2:現在はSDK4.3

ブログ書く

iPhone開発を行うようになって、結構な時間がたちました。


それに伴って開発の勉強会にぼちぼち参加するようになり、
ほかの開発者の方に合う機会が増え、大勢の方がブログを書いているので、自分も書こうと思ったので、
書いてみようと思います。


で、肝心の何を書こうかという話になるわけですが、
初代のiPod touch が発売されてから、結構な年月がたっており、
その間、たくさんの開発本が発売されています。


今まで開発本などは、あまり買ってこなかったのですが、アプリ開発をやるようになってから、
大量に買うようになったので、昔の思い出とともに感想などを勝手に書いてみようと思います。